2013年08月01日

イムラアートギャラリー

_MG_7736のコピー.jpg

イムラアートギャラリーの改修プロジェクトが竣工しました。
528本の紙の帯を一本一本厳密に角度をコントロールしながら吊るしていて、外から見ると、ギャラリーの作品は見えず、スタッフのワークスペースだけが切り取られ続けます。

HPに写真を掲載していますので、是非ご覧ください。

http://www.ataken.com/imura/imuratokyo.html

posted by アタカケンタロウ at 21:23| イムラアートギャラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

作品選奨に選ばれました。

hikari_001-1.jpg

狭山ひかり幼稚園が日本建築学会の作品選奨という賞を受賞しました!作品選奨は昨年入選していた作品選集(まぎらわしい!)に選ばれた作品から、さらに現地審査を経て10作品程度選定されるものです。
posted by アタカケンタロウ at 17:21 | TrackBack(0) | 狭山ひかり幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

作品選集2013

先日現地審査をされた狭山ひかり幼稚園が日本建築学会の『作品選集2013』に入選しました。02-2.jpg
posted by アタカケンタロウ at 19:44 | TrackBack(0) | 狭山ひかり幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

講演会のおしらせ。

「新しい建築の楽しさ」展に連動した講演会で講演します。遠野の馬付住宅プロジェクト(QMCH)のことや、そこでの設計の話とともに、今後遠野市全体に展開しようとしている地域再生事業について、30分ぐらいお話しする予定です。(下記はAGCのHPより抜粋)

第19回AGC studioデザインフォーラム (6/21)
「新しい建築の楽しさ」展連動企画 講演会"場所性を考える"
 「新しい建築の楽しさ」展と連動した講演会シリーズの第二弾です。
テーマは「場所性を考える」。自然豊かな1700ヘクタールのエリアで進む馬付き住宅を中心とした地域再生計画、中国の人工的な都市環境に計画されたホテル、川を望む高台に建つ研究開発施設についてそれぞれを設計した建築家に解説していただきます。
■日 時 : 2012年6月21日(木) 18:30〜20:00(18:00〜受付)
■開催場所: AGC studio 2階会議室 アクセス ≫■講演者:安宅研太郎氏(アタカケンタロウ建築計画事務所)白井宏昌氏(H2Rアーキテクツ)小堀哲夫氏(小堀哲夫建築設計事務所)
■モデレータ:中崎隆司氏(建築ジャーナリスト、生活環境プロデューサー)
■定 員 :70名(事前申込制)
■参加費 :無料
■申込方法:申し込みフォームからのお申込みで仮登録となり、開催日1週間前を目安に、登録完了のご連絡を兼ねて受講票をお送りいたします。申込フォーム    
posted by アタカケンタロウ at 14:22 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月05日

「新しい建築の楽しさ」展

「新しい建築の楽しさ」という展覧会に出展します。
12組の建築家による現在進行中のプロジェクトを紹介する展覧会です。我々は、岩手県遠野市で展開中の馬付住宅プロジェクトの模型を4点展示します。
詳細はHPをご参照ください。

http://www.agcstudio.jp/project/

■開催期間: 2012年6月5日(火)-8月11日(土)
■開催場所: AGC studio1階ギャラリー

出展:谷尻誠、末光弘和+末光陽子、安宅研太郎、H2Rアーキテクツ、渡邊健介、前田茂樹、SALHAUS+6D+I design、小堀哲夫、メジロスタジオ、平田晃久、武井誠+鍋島千恵、竹口健太郎+山本麻子

主催:「新しい建築の楽しさ」展委員会[代表:AGC studio]
企画:中崎隆司[建築ジャーナリスト/生活環境プロデューサー]
展示デザイン:青木弘司建築設計事務所
特別協賛:旭硝子株式会社
協賛:Magis Japan株式会社
協力:ケンプラッツ
posted by アタカケンタロウ at 15:07 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

駒形放牧地での初乗り

DSC06015.jpg
遠野にはもう4年ほど通っているわけですが、先週ついにハフリンガーに乗ることができました(初めて)。駒形放牧地は遠野の馬産が盛んだった頃の「馬溜まり」を復活させた場所です。「馬溜まり」は荒川駒形神社に馬を連れてお参りするときに馬をつないでいた場所だそうです。全盛期には、荒川高原牧場の馬上げの前に、千頭近くの馬がつながれたとか(と聞いたような気がします。)
写真では颯爽とそれっぽく乗っている風ですが、馬に乗るのは前回の馬の里に続いて2回目。。。
右といえば左、行けーといっても動かない、と思ったらなぜか走り出す―、、というトホホな感じ。半ば馬の行きたい所に行っている感じでしたが、自然地形の放牧地の木陰に馬とともに佇むのは最高に気持ちいい体験でした。
posted by アタカケンタロウ at 22:42 | TrackBack(0) | QMCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。