2011年03月05日

幼稚園検査週間

kensa.JPG
ひかり幼稚園の完了検査が無事終了。今週は開発検査、消防検査、設計事務所検査、施主検査など検査目白押し。

EC20110305233053.jpeg
庭に旧園舎の女の子の銅像が戻され、

stg.jpg
遊戯室に旧園舎のホールに設置されていたステンドグラスが嵌り、

ashiarai.JPG
各学年の足洗い場にはリサイクルのステンレスドラム缶製雨水タンクが設置されました。
posted by アタカケンタロウ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 狭山ひかり幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

夜の幼稚園

iphone/image-20110226231216.png
今日、夜に幼稚園にいってみると、床の養生が外れ、クリーニングが終わっていました。
見違えるように、いい感じ!!
上の写真は遊戯室のスポットだけつけた様子。
奥の家っぽいのは倉庫です。舞台みたい。

iphone/image-20110226232326.png
これは年少の教室。奥はシャワーやトイレ。
いい感じ!といいながら、あまり写真を撮らなかったので、また後日。
posted by アタカケンタロウ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 狭山ひかり幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

「大通り」と「こみち」のガラス

IMG_1339-2.jpg
16日のひかり幼稚園新園舎の様子。
ひかり幼稚園は2本の通り抜けの空間が各教室を横断することで、全体をひとつの大きな遊び場にするということが大きな特徴となっていますが、教室単位でも閉じて使えるように仕切りを考えてあります。
その仕切りの上部のガラスが設置されていました。思ったよりも気にならなくて一安心。
ガラスの下端の銀色のラインは、ステンレスの無目材です。今回の計画で検討に最も時間のかかったところのひとつです。下はシナのフラッシュ戸が入ります。普通にやると、上のガラスの呑みこみと、地震時のガラスの面外方向の抵抗要素と、下の戸のレールが合わさってかなりゴツクなってしまいます。
大通りの空間の抜けた感じを邪魔しないように、出来るだけ無目のせいを小さく抑える断面の検討をし、無目そのものがフラッシュ戸のレールになるという建具屋さんのアイディアや、ガラス受けのステンレスを構造に参加させる構造事務所のアイディア等が合わさり、細くかつ安全なディテールになりました。最初は、せいが70ミリ必要だったところ、現場が止まってしまうほど粘りに粘って38ミリまで小さくなりました。出来あがってみると自然ですが、この「気にならない」ところまで持っていくのがとっても大切です。納得いくまで徹底的に考えましょうと粘り強く付き合って頂いた工務店の方々に感謝しております。
4.JPG
「こみち」のほうの通り抜け。
3.JPG
posted by アタカケンタロウ at 16:25| 狭山ひかり幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

色の調整中


genkan.jpg
2月3日のひかり幼稚園現場の様子

image-20110204153743.png

引き続き、塗装の色調整中。
露出している木造の架構部分はそのままだと生っぽく目立ち過ぎだなと思い、若干白っぽくしようとオスモカラーのクリアプラス+バーチを混ぜて塗りました。が、思ったより塗装ののりが悪くてほとんど、変わらなかったので、再度バーチ色を塗ってもらってます。奥のトラスが再塗装をした所。


image-20110204153822.png


木製建具はかなり悩みました。
もっと濃くするか、色味を変えるかなどなど。
当たり前の話なんですが、樹種が違うと同じ塗料でも色味が違ったり、吸い込みが違ったりで、全然仕上がりが変わってきます。
この写真も同じ塗料を塗っているのに上の無目や方立て(赤松)は濃くて、建具(ヒバ)は薄いです。
さらに部屋によって建具が取り合う壁の仕上げが違うので、どの部屋もいい感じになるような色のバランスを考えなければいけません。
延々と教室を巡りながらシミュレーションを繰り返した一日でした。
posted by アタカケンタロウ at 15:40| 狭山ひかり幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

最近の現場


nencho.jpg
先週の土曜日のひかり幼稚園の様子。
もう内部の塗装も大分終わって来ました。
あとは木製建具周りの塗装が残っています。
大工工事が終わった時の木の素地の色が綺麗だったので、塗装について大分悩みました。
ニスにしても今回使用している自然塗料(オスモカラー)にしても、素地の色のままにしようとして、クリア系の塗料を使用すると、濡れ色のような一段濃い色合いになって、かなり雰囲気が変わってしまいます。
そこでクリアに白を混ぜたり、白をうっすら塗ったところにクリアを塗ったりというようなことを試みます。木の色が濃くなるのと、白っぽくなるののちょうど良いバランスに調合すると、ほとんど素地のままの色合いに仕上げることができます。
今回はシナ合板を素地仕上げ(クリア5:白1)、ツガの下見張りをクリア仕上げにして微妙なコントラストをつけています。ツガの方はだいぶ木目がハッキリしましたが、このぐらいの方が幼稚園が始まってから遠慮なく張り紙をしたり絵を飾ったりできる感じがします。
この微妙なコントラストの中に、一部露出させた木の架構や木製建具の色をどのような色合いで存在させるのがいいのか。
悩みどころです。

image-20110131174057.png
posted by アタカケンタロウ at 17:44| 狭山ひかり幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

続き

狭山ひかり幼稚園の11月後半ごろの現場写真です。
iphone/image-20110125225400.png
年長や年中の教室を横断する大通りです。
posted by アタカケンタロウ at 22:56| 狭山ひかり幼稚園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。